単純ヘルペスとは

単純ヘルペスについて

ヘルペスも1種類ではありません。単純ヘルペスウイルスの感染によって引き起こされる病気を単純ヘルペスといいます。ウイルスに初感染した後、ウイルスは遺伝子の形で神経節に潜伏し、再発を繰り返します。皮膚表面に小さな水ぶくれやただれなどが現れたり、痛みを感じたりするのが主な症状です。

始めて単純ヘルペスウイルスに感染した時は、体内にウイルスに対する免疫を持っていないため、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状の他にも、高熱などの全身症状がともなうこともあります。通常は、感染してから4〜7日で、感染部位が赤くはれ上がり、次いで水ぶくれが多数現れます。感染部位の近くのリンパ節も腫れて痛みを伴い、発熱やだるさ、頭痛などを伴うこともありますが、だいたい2〜4週間で治癒していきます。

子供の時には症状が気がつかなかったり、発疹など全く出ないといった場合も少なくありません。初感染によって単純ヘルペスウイルスに対する免疫が体内に作られ、再活性化を抑制しますが、体の抵抗力が落ちると何度でも再発するので厄介です。

単純ヘルペスウイルスが再活性化される要因としては

  • ●風邪などによる発熱
  • ●紫外線
  • ●性交渉
  • ●歯科治療
  • ●過労やストレス

これらのことが刺激となったり、体の抵抗力を弱める原因となることで発症します。

取引高キャンペーン