単純ヘルペスの感染

  • HOME > 単純ヘルペスの感染

感染の危険性

単純ヘルペスウイルスは人に感染する力が強いのが特徴です。単純ヘルペスをおこしている人の水ぶくれやただれなどの皮膚疾患部に触れることで接触感染を起こしたり、さらに、ウイルスに汚染された手指や器具からも感染します。

だだし、感染を起こすのは、ウイルスが再活性化している時が主です。皮膚表面に単純疱疹ができていない時には、その人の体に触れても感染することはありません。また、単純ヘルペスが発症している場合でも、触れた人の皮膚が健康な状態なら、感染は起こる危険性はほぼありません。

相手の人の皮膚に傷や湿疹があったり、アトピー性皮膚炎などで荒れていたりすると、皮膚のバリア機能が働かないところからウイルスが侵入します。粘膜の場合は、ウイルスがその場で増殖し、感染してしまいます。つまり、粘膜に傷があるとか荒れているなどのトラブルがなく健康な状態でも、感染が起こるのです。

単純ヘルペスウイルス1型は、かつては思春期までにほとんどの人が何らかの形で感染し、免疫を持っているのが普通でした。ところが最近では初感染年齢が高くなり、30歳代の成人でも免疫を持っている人の割合が半分以下となってしまいました。子供の頃はウイルス感染しても、症状は軽症で済みましたが、大人になって感染すると症状が重くなってしまいます。

取引高キャンペーン