単純ヘルペス1型と2型の違い

  • HOME > 単純ヘルペス1型と2型の違い

無症状のヘルペスは怖い

単純ヘルペス1型に感染している人も2型に感染します。しかしこの場合、症状を伴わないことが多いといわれています。最も危険なのは、自分は単純ヘルペスウイルス1型を持っているだけだと思い込んでしまう場合です。

実はしっかりと単純ヘルペスウイルス2型にも感染して、症状が表に出ず、ウイルスを排出している場合です。本人は水ぶくれもできなければ、痛みもないので自覚症状がないのですが、唾液や性器の分泌物中にウイルスがたくさんあるため、性行為などを通して感染をどんどん広げてしまうのです。また、単純ヘルペスウイルス2型に感染している人は、単純ヘルペスウイルス1型には感染しません。

どちらにしても単純ヘルペスは、自分がその疾患を持っていることを知ることが大切です。できれば何型を持っているのかを把握することです。感染源と考えられる性行為のパートナーの70%は無症候であるといわれています。

また、複数の相手と同時に性交渉を持ったり、オーラルセックスなどによって、単純ヘルペスの感染が広がっています。単純ヘルペスウイルスの再生頻度は1型で平均年に2回程度ですが、2型になると年に10回程度と跳ね上がります。病医の治療でステロイドの内服薬や免疫抑制剤を使用していたりする場合は、感染しやすいので気をつけましょう。

取引高キャンペーン