単純ヘルペスが発生しやすい場所

  • HOME > 単純ヘルペスが発生しやすい場所

あらゆる場所に感染する単純ヘルペス

単純ヘルペス1型は口唇などの上半身、単純ヘルペスウイルス2型は性器などの下半身で再発しやすいといえます。といはいうものの、初感染の場合はウイルスの種類に限らず、体のどこにでも移り発症します。

たとえば、性器ヘルペスの初感染の約70%は単純ヘルペスウイルス1型によるものです。ただしこの場合、再発することはほとんどありません。

単純ヘルペスウイルス1型によって性器ヘルペスが発症する理由は、口唇ヘルペスを持っている人とのオーラルセックスなどが原因になることが考えられています。

お尻にできる単純ヘルペスも性器ヘルペスの仲間です。お尻に水ぶくれなどが多発すると帯状疱疹と間違われることも多く、病院で診察してもらって、初めて単純ヘルペスと分かる場合が多くあります。お尻に性器ヘルペスが出ている人が座った洋式便座を他の人が利用すると、性器ヘルペスに感染してしまう可能性もあります。

また、お年寄りの場合もお尻に単純ヘルペスが出ることが多く、介護の人達が寝たきりのお年寄りのおむつ交換の度をした際に、単純ヘルペスウイルスに感染してしまうといったケースもあります。

その他にも注意しなくてはならないのは、赤ちゃんへの接し方です。頬ずりしたり、キスをしたり可愛い赤ちゃんにはついついしてしまいますが、自分がヘルペスウイルスに感染していることを知らないと、赤ちゃんに感染させてしまう危険性があります。

取引高キャンペーン